金縛りとは!?科学的に分析した金縛りの正体

金縛りって知っていますか?科学的に分析した金縛りの正体を紹介するので参考にsてみてくださいね。

・金縛りとは何?=金縛りは世界中で昔から魔物や霊の仕業と考えられてきたと言われています。日本語の金縛りという名前の由来は、実は仏教用語の金縛法からきているのです。不動明王が敵の動きを止めるためにかける秘法なのです。金縛法がまさに私達が夜に体験する身動きのとりれない金縛法の状態と似ているので、金縛りと名前が付いたと言われています。

・金縛りの現象とは=深夜に意識はあるけど、突然手足が動かなくなる。声を出すことができない。目を閉じる事ができない。息をする事ができない。誰かが上に乗っているような重みを感じる。耳鳴りが煤する。などが挙げられます。

・金縛りのメカニズム=金縛りが起こる原因としては、睡眠のリズムが関係していると言われています。人の睡眠にはつのリズムがあり、ノンレム睡眠とレム睡眠があります。ノンレム睡眠は脳は寝ていて体が寝ている状態で深い眠りです。レム睡眠は脳は起きていて体が寝ている状態で浅い眠りです。普通の人はノンレム睡眠とレム睡眠という順序で眠りに入って行くのですが、リズムが崩れてしまうことにより、順番が逆になってしまう事があります。レム睡眠から眠りに入ってしまうと脳は起きていて意識もあるのに体を思うように動かすことが出来いといった金縛りの現象が起きてしまうのです。

・金縛りの原因=仰向けで寝る。仰向けは睡眠バランスが崩れやすく金縛りを起してしまう寝かたなのです。仰向けで寝る事により体がゆるみレム睡眠に入りやすいのです。また、睡眠不足も原因となっていて、寝不足は睡眠のリズムが崩れてしまうので金縛りの原因となってしまいます。夜間の仕事の合間に仮眠中や徹夜をしている人は金縛りが起きやすいと言われています。更に日常で10時間以上の寝すぎや、昼寝などをしている人も睡眠のリズムが崩れやすく金縛りの原因となります。更に現代人に多い心のストレスと体の疲れも原因となっています。ストレスと疲れは睡眠のリズムを崩す大きな原因となっていて、寝不足になり、リズムが崩れてしまいます。更に有酸素運動をする人は金縛りの発症率が高くなってしまいます。興奮した時も金縛りになりやすいと言われています。脳が興奮したままの状態で眠ってしまうことが原因となっています。また、枕が高い、低いなどの場合や布団が重い場合にも金縛りになってしまいます。

・金縛りの対処法=金縛りになった場合には、指など体の動かせる部分があればそこをゆっくりと動かすようにしましょう。目をキョロキョロ動かすのも有効となっています。また、腹式呼吸でゆっくりを呼吸するようにしましょう。どこも動かない場合には、怖いと考えるのではなく、夢ということで冷静になる事が重要になります。